【酵素とは?】酵素は人間だけでなく、動物や植物などあらゆる生物の中にあり、すべての生命にかかわる重要なもの 

 

人間を含め生きものは、生きていくために自分に必要なものを取り入れ、それを分解・合成・調整・排出して生命を維持しています。

瞬きや呼吸、運動などすべての活動はこうした様々な化学反応の組み合わせによるものです。

このような化学反応をスムーズに行うための仲立ちをしているのが酵素です。

 

酵素は体内(潜在)酵素と外部から摂る食物酵素に分けられます。体内で作られる酵素の量は一生で決まっているといわれ、年齢とともに体内で作られる量は減っていき、その働きも悪くなっていきます。酵素が十分に働かなかったり、働きが低下するとさまざまな不調を感じたり、病気になったりします。 

健康を維持するためには、酵素を含む食品(加熱されていない新鮮な野菜や果物、お刺身など)を多く摂るようにすると共に、もともと内在する体内の酵素をなるべく浪費しないようにすることが大切です。現代の食生活では加工食品に含まれる保存料や添加物、酸化した脂質や過剰な糖質などを摂取する機会が多く、それらの排泄にも多くの体内酵素が必要です。この酵素はいわゆる消化酵素ですがその働きが弱いとビタミンやミネラルなどの栄養が十分に吸収されず、さまざまな不調の原因につながります。疲労や免疫力の低下、神経機能の不調をもたらさないためにも、体内の酵素の働きをしっかり保つことが大切です。

  

【市販されている酵素製品と菌(微生物)由来の酵素製品との違い】

酵素という商品名がついていても、実際には酵素そのものではなく、使用目的、体内での作用も全く違います。市販品は生の野菜、果物、海草などを酵素の力を利用して発酵させたもの。原材料には食物酵素が豊富ですが、発酵後の上澄み液だけをとって加熱して瓶詰め。仮に上澄み液に酵素が含まれていても、加熱によって壊されてしまっています。

酵素は大きくわけると動物性、植物性、菌性のものがありますが、動物性としてはパンクレアチン、植物性としてはパパイヤやパイナップルの酵素が有名です。ただ、これらは消化剤として使われることが多く、日本では医薬品扱いになっているものがほとんどです。

セリスタ株式会社

ドクターフィーネ・ボーテ事業部 

 

東京都千代田区岩本町1--5-8 東京雄星ビル4F

フリーダイヤル:0120-955-725 TEL:03-3863-1003 / FAX:03-3863-1004

Mail:info@selista.jp / 営業時間:平日 9:00~17:30(土日祝休)